埼玉県国際交流協会

「埼玉県国際交流協会」は北浦和駅から北西方向に歩いて行った所にある埼玉県浦和合同庁舎の3階の1室に施設を構えられています。

 

主に、日本人と外国人との交流会や外国語の講習会、国際情勢に付いての講習が行われる場所ではありますが、室内の一角に様々な国の民族衣装が置かれていて、実際に着用してスタッフの方に撮影を行いたい旨を話すとカーテンの背景を作って下さってその場で撮影を行う事が出来ます。

 

民族衣装の衣装体験と言う事ですが、その中には韓服も置かれています。(大人用、子供用の両方あり。) 衣装は傷んで来ると入れ替えが行われる関係で定期的に入れ替えがされているようですので、定期的に訪問されて愉しまれるのが良いと思います。

 

なお、衣装体験の料金は全ての衣装を体験した後に募金箱に任意の金額を寄付する形式になっていますが、募金箱はコンビニの募金箱と同じような形式になっている為、小銭を気持ちだけの寄付すると言う程度の募金額で衣装体験を行う事が可能です。

埼玉県国際交流協会チマチョゴリ衣装体験(2017年8月24日)

2017年8月24日、「埼玉県国際交流協会」にてチマチョゴリの衣装体験を行って参りました。 大人用のサイズの民族衣装の衣装体験を行おうとするとスタッフの方に数着衣装を用意されて「こちらの衣装ならサイズが大きいですよ。」と言ってお御勧めされた桃色のチマチョゴリを着用する事になりました。

 

桃色のチマチョゴリを見ていると衣装の状態こそ良い物の、幾分、デザイン的に古さが見えるような感じがしましたので、何時頃に導入されたのかなと思いきや約10年前に導入されたと言う事で、その時代であるのなら韓流ブームの真っ最中であるかなと思いましたのでその時代に流行したチマチョゴリであるのかなと思われました。

 

全体的にスパンコールの刺繍が施されていて、女子力の高い雰囲気のチマチョゴリに感じられましたので2000年代に韓国で流行した物であるかなと感じながらも実際に着用すると可愛い雰囲気になってしまいました。

 

私の場合は、どちらかと言えば、韓流ドラマに出て来るような時代衣装風の韓服が好きなだけに現代的なチマチョゴリの衣装体験と言う意味では経験している回数が少ないのですがある意味新鮮感が感じられてその点では収穫のある衣装体験になったかなと思っています。

埼玉県国際交流協会タンウィチョゴリ衣装体験(2017年8月24日)

2017年8月24日、「埼玉県国際交流協会」にてタンウィチョゴリの衣装体験を行って参りました。 こちらのタンウィチョゴリは大人用の民族衣装のハンガーパイプに掛けられていて、着られそうかなと思って着用してみたのですが、胸周りがかなりきつい状態になってしまいました。 ただ、何とか着用する事は出来ましたのでこちらの韓服衣装体験記のページに掲載する事になりました。

 

赤色のチマに白色のタンウィが組み合わされている形式の物ではありますが、実際に衣装を見ていると時代衣装風であるとは言え、状態に古さが見えるような感じがしましたので、何時頃に導入されたのかなと思いきや、上記の桃色のチマチョゴリと同じように約10年前に導入されたと言う事です。

 

袖が縞模様のような感じで模様が入っていて、チマの部分が蘇芳色に近い赤色でしたのである意味伝統的な色使いであろうかなと感じられますが、サイズさえもっと大きい物であればもっと自然な感じで似合っていたであろうと思われます。

 

こちらのタンウィチョゴリの場合は、どちらかと言えば、韓流ドラマに出て来るような時代衣装風の韓服になっていますが、安価な料金で体験出来る衣装体験と言う意味ではかなりの収穫にはなったであろうと考えさせられます。