和風スタイルギャラリー大榎庵

「和風スタイルギャラリー大榎庵」は鳥取県鳥取市に存在していて、目印としては、教育会館の建物を北に向かって歩いて行くと看板が出されています。
 
こちらでは、和食の料理の提供と洋装のドレスの衣装体験の提供が行われている店舗になりますが、洋装のドレスの衣装体験に関しては、事前予約制で、洋装のドレスの衣装体験のみの場合が1000円、和食の料理とのセットの場合は3000円からの料金設定になります。(和食の料理が昼食か夕食の違いや季節により料金が変動します。)
 
洋装のドレスの衣装体験に関しては、天候が良い時には「大榎庵」の店舗から三輪車形式の乗り物に乗って仁風閣へ移動してのロケーション撮影も可能になります。(別途、仁風閣への入場料金が衣装体験を行う本人と運転手の方の2名分必要になります。)
 
洋装のドレスのサイズは、事前に予約を行った時に洋服の号数と言った大まかなサイズを伝えると、それに合わせられた洋装のドレスが4着から5着程度用意されて、それらの中から実際に衣装体験を行う洋装のドレスを決めると言う形になりますが、洋装のドレスの総数としては20着以上は存在しているようです。(大きなサイズの洋装のドレスも用意されますが、男性の女装の可否に関しては不明です。)
 
洋装のドレスは、現代的な婚礼用のドレスが多く使われていて、時代衣装と言う意味では意味が薄れますが、それでもある程度の雰囲気が出るだけに、洋装のドレスの衣装体験としては良い場所になります。

和風スタイルギャラリー大榎庵貴婦人洋装ドレス体験(2012年11月25日)

2012年11月25日、この日は、「山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー」での鳥取県への旅行で立ち寄る場所の一つとして、事前に予約を行って「和風スタイルギャラリー大榎庵」に訪問する事になりました。
 
私の場合は、和食の料理を夕食と敷いて用意して頂く関係で、店舗に中に入ると、先に、衣装が用意されている別室に案内されて、5着の洋装のドレスがハンガーに掛けられていて、それらのドレスの中で最も時代衣装的なデザインに近い臙脂色のドレスを選ぶ事になりました。(着用する人のサイズに対応していない洋装のドレスは店舗の中の至る所にトルソーに着付けられて置かれています。)
 
洋装のドレスはワイヤーの入っているパニエが先に取り付けられてから着付けのスタッフの方によって着付けが行われます。 着付けが終わると、運転手のスタッフの方が店舗の前に来られて、シクロポリタンと呼ばれる三輪車型の専用の乗り物に乗せられて、仁風閣に案内される事になりました。
 
仁風閣の門に入ると、まずは、仁風閣の建物の色々な場所で撮影を行って頂いて(撮影は運転手のスタッフの方に行って頂けます。)、その後は、仁風閣の庭園でのロケーション撮影を行って頂きました。 実際に撮影を行って頂ける時間は約1時間と長いですので、スマートフォンを持参される事よりもデジカメを持参される方が御勧めであろうと思います。
 
この時には、丁度、紅葉の時期でしたので、仁風閣の庭園の木も紅葉の物がありましたので、写真栄えの面ではかなり良い物になったのではと言うのがあります。
 
私と運転手のスタッフの方が仁風閣での撮影を終えた時に、丁度、仁風閣も閉館の時間を迎えたと言う事もあって、本当に良い時間に行く事が出来ました。
 
「和風スタイルギャラリー大榎庵」に戻ると、着付けのスタッフの方に洋装のドレスを脱がして頂いて元々の洋服に着替えて、店長の方に案内された場所には夕食としての和食の料理が用意されてそれを食した後で精算を行って「和風スタイルギャラリー大榎庵」の店舗から出る事になりましたが、衣装体験と食事のセットの料金で3800円(※2012年11月時点での夕食付きのプランでの料金。)と言うのはかなり良心的な内容であろうと感じさせられました。