甲冑着用体験記(当世具足編)

管理人自身が時代衣装が好きでその延長線で甲冑の着用体験にも嵌って行きましたが、甲冑が着用出来る店舗や博物館等の学術施設を廻った時の体験談を紹介した内容を書き綴っています。(写真は、2011年7月23日に「福井市立郷土歴史博物館」で体験した当世具足の着用体験。)

 

戦乱の時代の当世具足の着用体験に付いてこちらのページでは紹介して行きたいと思っています。

 

店舗や学術施設の具体的な名前は衣装体験を行った当時のまま紹介させて頂きますので、現在では移転・閉店されたり、イベント等の単発の開催であったりと言う場所もありますがそれに関しては何卒御了承を御願い致します。

清洲城清洲甲冑工房当世具足衣装体験(2010年7月16日)

2010年7月16日、「清洲城清洲甲冑工房」にて甲冑の着用体験を行って参りました。 甲冑は大人用と少年・少女用と子供用と3領ありましたが、私は大人用の甲冑を着付けて頂く事になりました。

 

こちらの衣装体験の場合は、鎧下着類は用意されていなかった関係で自前の作務衣やもんぺや黒色の足袋を持参しての鎧下着と言う形になりました。

 

こちらの体験用の甲冑は脛当こそ付いていますが佩楯と籠手が略されている徒歩武者の設定の物になっています。

 

スタッフの方に撮影用の小道具として木製の刀を貸して下さりました。 この当時では舞扇を小道具として考える事が無かったですので、その点では惜しいかなと思わせられます。

 

木製の刀を色々と構えて構図を作って行って、スタッフの方に撮影を行って頂きましたが、どの写真も良い物になっていて満足の行く内容の衣装体験になっています。 衣装体験の場ではほぼ初めてと言えるような甲冑の体験になりました。

福井市立郷土歴史博物館当世具足衣装体験(2011年7月23日)

2011年7月23日、「福井市立郷土歴史博物館」にて甲冑の着用体験を行って参りました。 甲冑は大人用と子供用と3領ありましたが、私は大人用の甲冑を着付けて頂く事になりました。

 

大人用の甲冑は1領だけありますが、衣装体験用の甲冑としては珍しい畳鎧の設定になっています。 それも、兜や佩楯が付いている大将用の設定としての畳鎧になります。

  

こちらの衣装体験の場合は、鎧下着類は用意されていなかった関係で自前の作務衣やもんぺや毛沓を持参しての鎧下着と言う形になりました。

 

スタッフの方に撮影用の小道具として采配を貸して下さりました。 この当時では舞扇を小道具として考える事が無かったですので、その点では惜しいかなと思わせられます。

 

采配を色々と構えて構図を作って行って、スタッフの方に撮影を行って頂きましたが、どの写真も良い物になっていて満足の行く内容の衣装体験になっています。 甲冑の衣装体験でも本当に珍しい物を体験する事になりました。

サムライストア横浜当世具足衣装体験(2015年8月27日)

2015年8月27日、「サムライストア横浜」にて甲冑の着用体験を行って参りました。 甲冑は大人用の当世具足が1領用意されています。 私は、撮影用の衣装として陣羽織を持参して行く事になりました。

 

甲冑は大人用の当世具足のみですが、丸武産業で制作された甲冑が用意されていて、籠手や脛当や佩楯の付いている本格的な甲冑になります。

  

こちらの衣装体験の場合は、鎧下着類も用意されていて、袴と小袖は御借りする事になりました。 また、足袋靴下と草鞋も用意されています。

 

この時は撮影を行うのに、数軒隣の店舗のカメラマンのスタッフの方が500円で横浜港大桟橋の建物内で撮影を行って下さって、撮影用の小道具として刀を貸して下さりました。 流石にプロのカメラマンと言う事もあって撮影の技術もかなり良い物がありました。 どの写真も良い物になっていて満足の行く内容の衣装体験になっています。

 

現在の「サムライストア」での甲冑の衣装体験は東京都内で行われていますが、機会があれば行ってみたいと思っています。

小田原城情報館当世具足衣装体験(2015年9月16日)

2015年9月16日、「小田原城情報館」にて甲冑の着用体験を行って参りました。 甲冑は大人用の甲冑と子供用の甲冑と大人用の前胴と子供用の前胴がありましたが、私は陣羽織を持参している関係で大人用の前胴を着付けて頂く事になりました。

 

大人用の甲冑も子供用の甲冑も複数領ありますが、衣装体験用の甲冑としては多く揃えられている方に感じます。 それも、佩楯こそは付いていませんが、籠手や脛当の付いている本格的な甲冑になります。

  

こちらの衣装体験の場合は、鎧下着類は用意されていなかった関係で自前の作務衣やもんぺや黒色の足袋や草鞋を持参しての鎧下着と言う形になりました。

 

スタッフの方に撮影用の小道具として木製の刀を貸して下さりました。 木製の刀が子供でも扱える短めの長さと言う事もあって、何かと扱いやすいと言う事もあってそれを小道具にしましたが、三脚を使用してのセルフタイマーでの撮影でしたが、どの写真も良い物になっていて満足の行く内容の衣装体験になっています。 次回は陣羽織を持参せずに通常の当世具足を着ての衣装体験を行いたいかなと思いました。