民族衣装体験記(琉装編)

管理人が全国各地の民族衣装、特に琉装の衣装体験の店舗や博物館等の学術施設を廻った時の体験談を紹介した内容を書き綴っています。
 
琉球王朝時代の女官や官人、舞踊の衣装等の琉装の衣装体験に付いてこちらのページでは紹介して行きたいと思っています。(写真は「リトルワールド」で琉装の衣装体験を行った時の物です。)
 
店舗や学術施設の具体的な名前は衣装体験を行った当時のまま紹介させて頂きますので、現在では移転・閉店されたり、イベント等の単発の開催であったりと言う場所もありますがそれに関しては何卒御了承を御願い致します。

リトルワールド琉球王族打掛衣装体験(2006年10月28日)

2006年10月28日、「リトルワールド」にて、琉球王族の打掛の衣装体験を行って参りました。 打掛の色は複数ありましたが、色目的にも珍しい白色の打掛を選ぶ事になりました。

 

打掛を選ぶと、洋服の上から打掛が着付けられます。 打掛を着付けて頂いて身長に合わせて帯で絡げて頂くと完成になります。 撮影用の小道具としては花笠を貸して下さりました。

 

衣装は琉球王朝時代の王族の妃や現在の琉球舞踊の女性の舞人の設定になりますが、花笠があると言う事は女性の舞人の設定を兼ねていると言う事でしょうか。

 

2006年当時では、旧ブログも開設していないだけあって、元々の写真の枚数が少ないのですが、もっと多くの写真の撮影を行って頂けたら良かったかなと思っています。

むら咲むら琉球王族衣装体験国王編(2008年10月23日)

2008年10月23日、「むら咲むら」にて琉球王族衣装の衣装体験を行って参りました。 1着目の衣装として選んだのが国王の衣装となります。 国王の衣装は略式の物で下着の上からスタッフの方に金襴の生地の広袖の打掛のような衣装に冠が被されて完成になりました。

 

衣装の紐は作務衣のような感じで脇で留められる形式になっていて、身長は特に関係が無くて、極端に身長が低い場合と高い場合を除けば比較的どのような体形の方でも着られるようになっています。

 

衣装は琉球王朝時代の国王の設定になりますが、笏のような物が無い設定なのか略されているのかは分かりませんが、撮影用の小道具としては何も用意される事はありませんでした。 なお、撮影は首里城の写真パネルの前で行われる事になります。

 

2008年当時では、旧ブログも開設していないだけあって、元々の写真の枚数が少ないのですが、折角、体験料金を支払っているだけにもっと欲を出して色々な構図の撮影を行って頂けたら良かった所があります。

むら咲むら琉球王族衣装体験王女編(2008年10月23日)

2008年10月23日、「むら咲むら」にて琉球王族衣装の衣装体験を行って参りました。 2着目の衣装として選んだのが王女の衣装となります。 王女の衣装も略式の物で下着の上からスタッフの方に下着の白色の小袖が着付けられてから打掛が着付けられて身長に合わせて紐で絡げられて完成になりました。 打掛の色は複数ありますが、青色の打掛と言うのは珍しいかなと思ってそれを迷わずに選ぶ事になりました。

 

衣装は琉球王朝時代の王女の設定になりますが、撮影用の小道具としては花笠や和傘が用意される事になりました。 なお、撮影は国王の衣装と同じように首里城の写真パネルの前で行われる事になります。

 

2008年当時では、旧ブログも開設していないだけあって、元々の写真の枚数が少ないのですが、折角、体験料金を支払っているだけにもっと欲を出して色々な構図の撮影を行って頂けたら良かった所があります。

リトルワールド琉球王族打掛衣装体験(2012年5月4日)

2012年5月4日、「リトルワールド」にて、琉球王族の打掛の衣装体験を行って参りました。 打掛の色は複数ありましたが、色目的には比較的良くある桃色の打掛を選ぶ事になりました。

 

打掛を選ぶと、洋服の上から打掛が着付けられます。 打掛を着付けて頂いて身長に合わせて帯で絡げて頂くと完成になります。 撮影用の小道具としては花笠を貸して下さりました。

 

衣装は琉球王朝時代の妃や王女の設定になりますが、撮影用の小道具としては花笠が用意される事になりました。 なお、撮影は石垣島の家の中で行われる事になります。

 

2012年ともなると、既に旧ブログでも衣装体験の記事を色々と制作する事にもなって、ある程度の写真の枚数をスタッフの方に撮影を行って頂きましたが、この時は時間的な都合でメイクが派手に出来なかったのが惜しい限りです。

リトルワールド琉球王族打掛衣装体験(2014年6月20日)

2012年5月4日、「リトルワールド」にて、琉球王族の打掛の衣装体験を行って参りました。 打掛の色は複数ありましたが、色目的にはこれまた比較的良くある黄色の打掛を選ぶ事になりました。
 
打掛を選ぶと、洋服の上から打掛が着付けられます。 打掛を着付けて頂いて身長に合わせて帯で絡げて頂くと完成になります。 撮影用の小道具としては花笠を貸して下さりました。
 
こちらへの訪問は3度目になりますが、流石に3度目の訪問と言う事もあって、撮影の構図も色々と作る事が出来て満足な内容の衣装体験となって良かったです。

 

気になっていたメイクの面も綺麗に出来ているだけあってその点でも収穫があったと言えます。