変身写真館アンジュレ

「変身写真館アンジュレ」は舞妓の衣装体験で有名な「ぎをん彩」の姉妹店で、2017年11月30日に惜しまれる中で閉店された現代花魁や洋装のドレスの変身写真を得意とされた店舗になります。

 

特に、現代花魁のセクシー系の変身写真はかなり得意にされていて、賛否両論がありましたが、通常のプランではかなり肌の露出度の高い見本の写真を店舗内の写真やウェブサイトで掲載されていた店舗であります。

 

最終のキャンペーンプランとなった、「曼珠沙華花魁プラン」や「コケティッシュバニー花魁プラン」では「変身写真館アンジュレ」の現代花魁の衣装体験のプランとしては肌の露出度が少な目になっていましたが、通常のプランでは本当に肌の露出度の高い物が見本とされていました。

 

私の衣装体験の世界で将来的な目的としていた露出度の高いセクシー系の現代花魁の衣装体験こそ永遠の夢の世界となりましたが、何時かは行ってみたい店舗ではありましたが、何とか、店舗が閉店される前に行く事が出来て本当に良かったと思っています。

「変身写真館アンジュレ」曼珠沙華花魁プラン衣装体験(2017年11月24日)

2017年11月24日、「晩秋の京都路・曼珠沙華花魁と平安時代の女官を愉しむ旅紀行」の主目的である「変身写真館アンジュレ」にて、曼珠沙華花魁の衣装体験を行って参りました。

 

店舗の中に入ると、最初に、個人情報を書く用紙が渡されてから、個人情報とオプションの希望の有無を書いて行きました。

 

その後、スマートフォンを入れる籠にiphoneを入れてから、下着姿への着替えを行って、私服と荷物をロッカーにしまう事になりました。 その後、「曼珠沙華花魁プラン」で着用する打掛や掛下の着物を選んで行ってから、メイクが施されて行って、衣装が着付けられてから髪型が整えられて行きました。 髪型はフルウィッグを被せられての髪型でその髪型に曼珠沙華の造花や簪が挿されて行く事になります。

 

衣装が着付けられて髪型が整えられると、自由撮影用の壁面で籠に入っているiphoneで撮影が行われました。 通常ではもっと少ない枚数ではありますが、閉店間際と言う事もあって多めに撮影を行って頂く事になりました。

 

スタジオ撮影の準備が出来てからはスタジオに移動して、2部屋あるスタジオのうちの和風の背景のスタジオに曼珠沙華の造花が大量に植えられている前景に合わせられて撮影が開始されて行きました。

 

一応、全カット共に縦構図と言う事を希望しましたが、強いて言えば、スタジオ撮影でも全身の写真の撮影を行って頂けたら良かったかなと思い残しの所がありましたが、実際にスタジオ撮影が終わって、メイクを落としてから出来上がった写真を見ているとかなり満足度の高い物に仕上がっていてその点では評価が高かったです。

 

「曼珠沙華花魁プラン」は「変身写真館アンジュレ」の衣装体験のプランの中では肌の露出度が少なくて、かなり上品目の仕上がりになりましたがそう言った所が気に入ったと言う感じでしょうか。

 

次こそ、肌の露出度の高い通常の現代花魁のプランの衣装体験を行いたかったのですが、もう、予約も何も出来ない状態でしたので、その点が惜しいと言えば惜しい所があります。