STUDIO夢工房京都駅前本店

「STUDIO夢工房京都駅前本店」の店舗は、京都駅中央口が最寄りの駅の出口になっていて、徒歩で西に進んで行った所にある下京区総合庁舎の北西側の道に入った所に存在しています。

 

「STUDIO夢工房京都駅前本店」は「STUDIO夢工房」の系列店では本店の扱いになっている為、店舗の規模もかなり大きな物になっています。 衣装体験の内容は、舞妓の衣装体験の他には古式花魁の衣装体験や現代花魁の衣装体験、男性の着物の衣装体験も存在しています。(男性の女装は不可。)

 

こちらの店舗の場合は古式花魁の衣装体験でも白塗りのメイクが可能で、さらに、まな板の帯も用意されている為、より本格的な古式花魁の衣装体験が可能になっています。

 

打掛はスタジオ撮影でのみ着る事が出来て、自由撮影の場合は胴抜き姿での撮影になりますが、撮影の枚数としてはかなり期待出来るだけに満足度の高い衣装体験が出来るであろうと思われます。

 

スタジオ撮影の写真は手持ちのデジカメやスマートフォンでは撮影が基本的に不可能な為、そのデータが欲しい場合は、20カット入りのROMが付いているプランを希望される事を強く御勧めします。

STUDIO夢工房京都駅前本店古式花魁衣装体験(2014年11月12日)

2014年11月12日、「STUDIO夢工房京都駅前本店」で古式花魁の衣装体験を行って参りました。 古式花魁の白塗りのメイクは事前の予約の扱いになりますので予約時に希望を出す必要があります。

 

最初に、プランの確認が行われてから打掛と中着の着物と帯を選ぶのですが、帯は希望しているまな板の帯が選べましたが中着の着物は狙っていた物に先約が取られてしまって、仕方が無しに別の物を選ぶ事になりました。 打掛は希望している物が選べましたので、見た目としてはある程度は理想の形に近い物になりました。

 

衣装を選ぶと、下着が渡されて、荷物をロッカーに入れてから下着姿になってメイク台に向かってメイクが施される事になります。 メイクは古式花魁の白塗りのメイクを希望していましたのでその通りのメイクをして頂いて、最後に伊達兵庫の髪型の全かつらが被されて行きました。

 

その後、衣装の着付けが始まって、中着の着物とまな板の帯を結んで頂くと、スタジオ撮影に向かう事になって、スタジオで打掛が着付けられる事になりました。

 

思えば、打掛を選ぶ前に中着の着物を選びに行けば希望の物が選べていただけにそれが悔やまれてなりません。 打掛を着ている状態での撮影が数カット行われてから、打掛を脱いで胴抜き姿になっている状態での撮影が行われて行きました。

 

スタジオ撮影の時だけは全てのカット数を打掛付きで行って欲しかったかなとも思いますが、店舗側の方針の事もありますのでその点は御愛嬌でしょうか。

 

スタジオ撮影が終わると、その胴抜き姿の状態で自由撮影が行われる事になります。 自由撮影の設えもきちんと作られていて、橋の背景や竹の背景があったりでそれぞれの背景で撮影を行って頂きました。

 

全体的には、優し気な印象の古式花魁に仕上がりましたが、個人的には満足度の高い衣装体験になりました。

STUDIO夢工房京都駅前本店「関西コレクションモデルプラン・百花繚乱」花魁衣装体験(2017年6月11日)

2017年6月11日、「STUDIO夢工房京都駅前本店」で「関西コレクションモデルプラン」の「百花繚乱」の花魁の衣装体験を行って参りました。 「関西コレクションモデルプラン」は「STUDIO夢工房」の3店舗で4種類、「STUDIO夢工房京都駅前本店」では「百花繚乱」と「華金魚」の2種類存在していますが、今回、行った「百花繚乱」は最も古式花魁に近い形式の物になります。

 

最初に、2階にある受付でスタッフの方にプランの確認が行われてから、3階のロッカー室に案内されて下着に着替えてからはヘアセットとメイクを施して頂く為にドレッサーのあるメイクルームに案内されて行きました。 メイクやヘアセット、着付けを行うスタッフの方々は全て女性のスタッフの方々になります。 古式花魁風の髪型は伊達兵庫の髷の部分以外は全て地毛が使用されてスプレーで固められながら作られて行って、ヘアセットと殆ど併行するようにメイクが施されて行きました。

 

ヘアセットでも伊達兵庫の髷に取り付けられる和房はそれだけで重量がある為、「関西コレクションモデルプラン」の「百花繚乱」の中着の振袖が着付けられてから最後に和房を付けて頂いて着付けが完成になります。 振袖も裾の部分が平安装束を髣髴させられるかの松重ねのような重ねられている裾が付けられています。 勿論、帯は豪華なまな板の帯になっています。

 

スタッフの方々が言われるには、「関西コレクションモデルプラン」の衣装は一点物で目立って主役になるような見た目の特別な仕様な物である事が説明されて、中着の振袖が絡げられてスタジオ撮影が行われる2階の一室にスタッフの方々の案内で移動する事になりました。

 

その場で、スタジオ撮影が開始されて行きましたが、花魁の衣装体験向けのスタジオは旧店舗の時に比べるとかなり豪華で高級感のある設えになっています。 そして、旧店舗の時代では黒色の無地の背景の場所が存在していましたが、そう言った場所は無くされていました。

 

この場で、絡げて頂いた振袖が引き摺りの形に戻されて厳重に保管されている打掛が出されてそれを着付けて頂いて、照明の状態を整えられて、テスト撮影が開始されて光の状態を確認してからスタジオ撮影が行われていきました。

 

スタジオ撮影は40構図程度の形が作られて撮影が行われて、実際に美的補正が施されてアルバム用の写真として採用されるのは12構図ですが、全カット入りのROMの送付やLINEでのデータの送信が行われるのですが、それを見ると約40構図分のスタジオ写真が送信されて参りました。

 

スタジオ撮影が終わると、打掛が脱がされて中着の振袖の裾が、再度、絡げられてから自由撮影を行って頂く事になりました。 自由撮影の時ではスタジオ撮影の時には打掛で隠されていた中着の振袖の袖の部分が派手に見えて来ての撮影になりますが、中着の振袖も中着としてはかなり豪華な文様になっていて、花魁の衣装体験の自由撮影に良くありがちな胴抜き的な雰囲気も感じさせられなく、帯の形こそは違えど振袖新造のような豪華な見た目の写真を残す事が出来ました。

 

自由撮影が終わると、髪飾りや衣装を脱がせてい頂いて、メイクを落としてからインデックスシートと「STUDIO夢工房」のLINEのアカウントを登録してから精算しましたが、体験料金の割には内容の濃い衣装体験になりました。

 

スタジオ撮影の写真のLINEでのデータの送信は早期に行って頂きましたが、LINEでのデータの送信にも関わらず、圧縮されたり画素数が縮小されたりしていない物が届きましたのでその点での満足度がとても高い物がありました。